ページの先頭へ

一冊の本が、ときには大きな力を贈ってくれます。素敵な本との出会いがありますように。
ぜひ、ごゆっくりご覧になってください。

Casa BRUTUS  2010年5月号 vol.122 −器こそ、わが人生!−

型番 1507
定価 800円(内税)
販売価格 800円(内税)
在庫数 0

SOLD OUT

■出版社:マガジンハウス
/CASA BRUTUS vol.122 /2010年5月 /サイズH28.2xW22.8 /186頁 /状態 A

[目次紹介]
* 女優、建築家、アーティスト…。「発表します、私の人生最高の器」
* 河井寛次郎、ルーシー・リー、バーナード・リーチの名作に長尾智子が春を盛る。
* 村上隆が〈桃居〉広瀬一郎と語る、今、現代陶芸がおもしろいワケ。
* 村上隆、陶芸家・青木亮の工房へ。
* 2010年、全国20のギャラリーいち押しの作家展。
* しまおまほが体験!「はじめての器展」。
* ヨーガン レールの社員食堂。器は不揃いが心地よい。
* 器なのか彫刻なのか。ウッドボウルの魅力。
* 奈良美智さんもやきものづくりに夢中です。
* 奈良美智、川喜田半泥子展へ行く。
* イサム・ノグチを器の世界に導いた北大路魯山人。
* 保存版! にっぽん全国、器が素敵なカフェ案内。
* 世界の名作デザインBest50。
* 現代日本の工芸作家11人

Recommend