ページの先頭へ

一冊の本が、ときには大きな力を贈ってくれます。素敵な本との出会いがありますように。
ぜひ、ごゆっくりご覧になってください。

気持ちいい道具と暮らしたい

型番 1671
販売価格 800円(内税)
在庫数 1冊
購入数


■出版社:主婦と生活社
■ISBN:4-391-61720-7
/別冊 美しい部屋 /発行2003年10月 /絶版 /サイズH26xW20.6 /96頁 /状態 A /カバー

道具とは何かと考えた時、道具は自分の暮らしを映すもので、自分自身を映しているのです。12人の使っている道具は、それぞれの尺度で選ばれ、使い込まれて美しく、その人らしさが映し出されています。

[目次より]
* 和洋を超えた現代感覚の道具と暮らす。
 /ギャルリももぐさより−道具とは使ってこそ美しい。
 /中西ルミ子さんの道具−アトリエ エム・ツウ店主/濱田郁子さんの道具−ギャラリー工店主
 /井山三希子さんの道具−陶芸家/小泉佳春さんの道具−カメラマン
* ちょっと古いに心を寄せるなつかしい道具と暮らす。
 /根本きこさんの道具−フードコーディネーター
 /大谷マキさんの道具−スタイリスト
 /西川弘修さんの道具−而今禾店主
 /他 
* 日本の暮らしを支えてきた風土に合った道具と暮らす。
 /田沼敦子さんの道具−歯科医師
 /田中政子さんの道具−工藝サロン 梓店主
 /他

Recommend