ページの先頭へ

一冊の本が、ときには大きな力を贈ってくれます。素敵な本との出会いがありますように。
ぜひ、ごゆっくりご覧になってください。

楽園後刻

型番 1331
販売価格 800円(内税)
在庫数 1冊
購入数


■著者:甘粕幸子  
■出版社:集英社  
/発行2004年5月 /第1刷 /サイズ 19.8x13.8 /162頁 /状態 A /カバー・帯   


鎌倉の四季の中に綴られた胸に迫る人生の哀歓。女盛りを過ぎようとする二人の女性と戦前の良き時代に生き、没落した老女の生涯を古都の四季の移ろいの中、哀惜を込めて描く。(帯より)
著者は出版系週刊誌の草創期には向田邦子らと共にライターとして活躍。その後、鎌倉に移住し草花を育て、料理、鎌倉の自然、暮らしのエッセイを書くようになる。その名エッセイスト、69歳の瑞々しい小説デビュー作。著書には「野草の料理」「野の食卓」「花と草木の歳時記」

Recommend