ページの先頭へ

一冊の本が、ときには大きな力を贈ってくれます。素敵な本との出会いがありますように。
ぜひ、ごゆっくりご覧になってください。

七階の子供たち <新童話選集・6>−名著復刻 日本児童文学館㉘−

型番 1629
販売価格 1,200円(内税)
在庫数 1冊
購入数


■著者:塚原健二郎 装幀・挿絵/深澤省三
■出版社:ほるぷ出版
/シリーズ 名著復刻 日本児童文学館28 /昭和12年4月20日刊 /子供研究社版 /発行1977年3月 /絶版 /サイズH20.8xW17.0 /241頁 /状態 A /本体:美本・パラフィン紙カバー、化粧函、保護函:少ヤケ

集団主義童話を提唱した小説家・塚原健二郎の最初の童話集。子ども同士のの交流や日常、場面をほほえましく描いています。当時の子どもの生活を描かくなかで、純粋な子どもたちの自主的な助け合い、利己主義、孤独感、心の絆やひたむきさなど、塚原健二郎が理想とする子ども像がうかがえ、現代社会では薄れてしまった大切なものを感じさせます。いつも子ども側に立ち、夢と豊かな心を児童文学を通して伝えたいと願っていたようです。

[目次より] 
*著者の言葉/田舎
*お庭におりたヒコーキ
*古いお靴
*裏街の人形使
*正吉のお面
*ポストから出たお金
*蜂の王さま
*ひれの生えた話
*二人爺さん
*東京の子
*酒場のケルト
*うりものやごつこ
*町へでた鳩
*七階の子供たち