ページの先頭へ

一冊の本が、ときには大きな力を贈ってくれます。素敵な本との出会いがありますように。
ぜひ、ごゆっくりご覧になってください。

日々是「好食」

型番 1391
販売価格 800円(内税)
在庫数 1冊
購入数


■著者:福原義春
■出版社:マガジンハウス
■ISBN:4-8387-1236-7
/発行2000年5月 /初版・絶版 /サイズH19xW14 /253頁 /状態 A /カバー、帯


「食事を摂るという行為が肉体的な栄養源だけでないところが、人間の人間らしいところでは」という著者のおいしい話とおいしい対談で構成されています。

[目次一部紹介]
おいしいエッセイ
 /てんやものの誘惑 /人生はそばとうどん /スパイス的人間 など 

おいしい対談
 /林えり子−「東京ことば」の心意気と文化。 /團伊玖磨−『パイプのけむり』シリーズ、新作で35年。 /榮久庵憲司−「幕の内弁当」の日本的美意識。 他に渡辺貞夫、鈴木忠雄、大宅映子、長谷川智恵子、市川平三郎、島森路子、土屋耕一、岸 恵子、茂木友三郎氏との対談