ページの先頭へ

一冊の本が、ときには大きな力を贈ってくれます。素敵な本との出会いがありますように。
ぜひ、ごゆっくりご覧になってください。

色彩論

型番 0662
販売価格 700円(内税)
在庫数 1冊
購入数


■著者: 稲村耕雄
■出版社: 岩波書店
/岩波新書 /発行1978年3月 /絶版 /190頁 /状態C

今日は、色材の進歩と照明技術の革命により、19世紀までの人類が見てきたものとは比較にならないほど豊富で強烈な色彩をもつ「色彩の世紀」。
著者は戦前に「原色が氾濫する」と題して色彩感覚が荒れたことをなげき、戦時中は国防色一色の時期をすごし、また、良い色が出回りはじめ、日本人らしい繊細さを見せるようになるといった時代の変化をその目で見てきた昭和の化学者です。
その彼が、色彩学の研究者として、色の魅力に惹かれた人たちに捧げ、熱烈な関心に応えた書。

色は感覚である/アメリカ色彩学ABC/色は数字で表せる/色は曲線で記録される/色と表現。絵画の分析/色の再現/カラー・ハーモニー/良い色・悪い色/パステル/流行色/色・味・匂い/肌の色/化粧/蛍光灯の色/蛍光塗料/建築と色彩/性格と色彩/アメリカのカラー・テレビ/色彩における機能主義/色彩調節

Recommend