ページの先頭へ

一冊の本が、ときには大きな力を贈ってくれます。素敵な本との出会いがありますように。
ぜひ、ごゆっくりご覧になってください。

映画に乾杯 2 ー歓談・和田 誠と11人のゲストー

型番 1108
販売価格 2,200円(内税)
在庫数 0

SOLD OUT

■著者:和田 誠■出版社:キネマ旬報社/発行1985年8月/第1刷H21.2xW15.2/338頁/状態 A/カバー     

「キネマ旬報」誌上での対談シリーズの2冊目。

[目次紹介]

*草森紳一   東映で中国ロケの「三国志」や「水滸伝」を撮るのが夢だった 
*山田宏一   大いに苦しみながらも楽しんで翻訳した「ヒッチコック/トリフォー」 
*山城新伍   映画を要約すればアメリカ映画に、アメリカ映画を要約すれば西部劇になる 
*松田道弘   トリック撮影を使った映画と聞くと、つい見たくなってしまいます 
*原由美子   洋服に関することで必死になるから、好きな映画でも気分転換にならない 
*大久保俊男  「第三の男」は、私が映画を作るとしたらお手本になる作品です 
*藤子不二雄  映画がもっと簡単にできるものなら、僕ら漫画でなくて映画を作ったと思う 
*長谷日出雄  映画がもっと簡単にできるものなら、僕ら漫画でなくて映画を作ったと思う 
*ペギー葉山   若い頃は映画だけが娯楽で、その映画に培われて現在の私があると思います 
*吉行淳之介  テレビで観る映画を一本として計算すると、年間二百本ぐらい観てるね

Recommend